伊達の街どうぶつ病院

022-287-5421受付時間:AM10:00〜PM7:30 休診日:火

予防のご案内

ワクチン(犬・猫)                   
命にかかわる多くのこわい伝染病を予防するためにワクチンが開発されました。
もちろん、ワクチンで防げない病気もたくさんあります。            
だからこそ、ワクチンがあるものだけでも防いであげることが、動物への愛情のプレゼントだと思います。
しかし、残念ながらワクチンは 100 %予防できるわけではありません。            
免疫不全といって免疫を作れない動物もいますし、侵入したウイルスの量と、その動物がもつ免疫力によって、
症状がでるかどうかが決まるからです。            
しかし、ワクチンを接種した場合は、もし発症しても症状は軽くなる可能性が高いのです。
是非、犬・猫を飼われている飼い主さんはワクチン接種をしてあげてください。

【犬】7~5種混合ワクチン ・ 狂犬病ワクチン
【猫】3種混合ワクチン ・4種混合ワクチン           
                


フィラリア予防(犬)            
フィラリア症はワンちゃんだけでの病気ではありません。
フィラリア症とは、犬糸状虫の心臓・血管への寄生により起こる心臓、肝臓、腎臓、
全血管系に及ぼす重大な傷害であります。            
高層マンションや完全に室内飼育の動物でも、もし飼い主であるあなたが多年に渡って、
たった一度も蚊に刺されない環境にある場合を除いて、
「蚊」がいればフィラリア症にかかるには充分な理由になります。            
ワンちゃんには、予防される事をお勧めしています。            

【フィラリア検査】 フィラリア症を予防する前に、感染していないかどうかの検査が必要です。            
【予防時期】 当院では5月~11月をお勧めしています。  
          
           

           
ノミ・マダニ(犬・猫)            
【ノミによる被害】 動物にノミが寄生すると、体中が痒いので激しく掻きだします。
これは動物にとってかなりのストレスになります。            
また、ノミアレルギー性皮膚炎や瓜実条虫(サナダムシ)の感染も問題になります。
小さい子だと、たくさんのノミに吸血されて貧血を起こす場合もあります。            
そして、ノミは人間も一時的に咬まれます。
           
【マダニによる被害】痒みや皮膚炎、たくさんのマダニに寄生され大量の血を吸血されれば貧血も起こします。
その他にも、犬バベシア病・ライム病 … など色々な病気を媒介します。            
特にバベシア病は、命に関わる病気です!
また、ライム病は人間にも症状が現れるので、マダニを見つけても手で潰したりせずに、
ティッシュに包んで捨てるようにして下さい。            
           
【当院での予防方法】            
【 ノミ・マダニの予防 】 皮フに滴下するスポットオンタイプ 
【 予防期間 】 通年の予防をお勧めしています。            
        
        

           
        
           

営業日カレンダー

伊達の街どうぶつ病院
伊達の街どうぶつ病院