伊達の街どうぶつ病院

022-287-5421受付時間:AM10:00〜PM7:30 休診日:火

ペットドック


ペットドック
ペットを家族の一員、伴侶として暮らすみなさんにとって、ペットの健康はとても気になること。ペットが健康で長生きするためのキーポイントとなる予防が大切です。 ペットドックは、病気の早期発見・早期治療にもつながります。

 ペットドックとは
ペットにおける「人間ドック」です。普段の問診や触診などの身体検査に加え、便・尿・血液などの検査を行い、病気の早期発見に努めるというものです。            
5歳以下のペットであれば、便・尿・血液検査を行い、これらの検査で異常が見つかった場合に、レントゲン検査や超音波検査を加えます。
高齢のペットであれば、年に1回はレントゲン検査・超音波検査まで含めたペットドックを受けて、 健康管理をしていきましょう。

 血液検査に備えて
当日の朝の食事は与えないでください。 また、怖がりな子ほど、普段からなるべく病院に連れていき、慣れさせておきましょう。注射や治療のときだけだと、“病院=嫌なことをされる場所”と思い込み、より恐怖心が強くなってしまいます。

 所要時間は
通常「約1~2時間」です。検査の間、つきそっていただいても、あるいは半日お預かりして、検査終了後にお迎えに来ていただいても結構です。検査の結果は、後日書面にてお知らせします。

 <問診>では
普段の生活の様子や食事内容、健康状態について、変わったことはないか、気になる点はないかを、飼い主さんに確認します。

 <身体検査>では
目、耳、歯、リンパ腺など、全身の細部にわたって、触診などを行います。リンパ腺の腫れや、むくみ、しこりなど、重大な病気が潜んでいる可能性のある症状を見逃さないようにチェックします。

 <便検査>は
寄生虫感染の有無や腸内の細菌、便への出血がないかなど、顕微鏡で詳しく調べます。  

 <尿検査>は
全身の状態をよく反映するので、便検査とともに健康診断の基本といえます。
特に尿石症や腎臓病の発見には欠かせません。  

 <血液検査>は
各項目の数値によって、肝臓、腎臓、膵臓など、各臓器が正常に機能しているかどうか、おおよその推察ができます。特に肝臓や腎臓の病気は、日常生活で症状が見られたときには、すでに状態がかなり悪化していることが多いのですが、血液検査によって病気の早期発見・早期治療が可能になります。

 <レントゲン検査>では
胸部や腹部の内臓を映し出すことで、外からはわかりにくい病気を調べます。
たとえば心臓肥大など、触診だけではわからない病気が調べられます。また、股関節形成不全などの骨の検査にも用います。  

 <超音波検査>では
さらに、レントゲン検査で判断しにくい臓器の動きがわかります。たとえば腹水や胸水の溜まり具合、心臓の弁膜の動き、肝臓の病変状態など、臓器の内部の状態が把握できます。妊娠中のペットなど、レントゲン検査が困難な場合にも有効です。心臓や肝臓、腎臓などに不安のあるペットは特に、レントゲン検査や超音波検査を受けておくと安心です。

 受診の頻度は
5歳以下なら、年1回。5歳を超えたら、状態に応じて年1~2回の頻度で、<便・尿・血液検査>を受けましょう。10歳を超えたら、年2回。そのうち1回は、<レントゲン検査>や<超音波検査>まで受けることをおすすめします。5歳を過ぎた頃から、がんや心臓病、糖尿病など、成人病やホルモンの病気が増えてきます。年に1~2回、きちんと検査を受けることで、病気の早期発見につながります。特に異常がない場合でも、元気なときの数値がわかり、病気になったときに比較がしやすく、健康管理に役立ちます。  
ペットの歳のとり方は人間の4~7倍。たとえ年1回のペットドックでも、人間に置き換えれば、4年に1回ということを心にとめておいてください。

 費用は
検査項目やペットの大きさによっても異なりますが、7,000円~16,000円です。            


詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。           

営業日カレンダー

伊達の街どうぶつ病院
伊達の街どうぶつ病院